top of page

便利であるが故の弊害


今日はふと思ったことを少し書いてみます。

スマホやパソコン、最新の家電など、

ここでは全てあげられないほど

たくさんの便利なものに囲まれた

世の中になりました。

本当に助かっています^ ^;

が、便利すぎて私たちは昔ほど脳を

使っていないのではないでしょうか?

脳科学とかを勉強した訳でもないので、

なんとも言えないのですが、

わかりやすいところで言えば、

スマホがあるために電話番号を覚えなく

なりました。

昔は親戚や知人の固定電話の番号は

暗記していましたよね?

子どもたちの遊びだってそうです。

昔は木登り・缶けり・かくれんぼを

異年齢の友だちと一緒にしたり、

秘密基地を作ったり、紙飛行機や

竹とんぼを作ったり、自分仕様に

改良したりして遊んでいましたが、

今は出来上がった危なくない

おもちゃがほとんどです。

電車に乗るにも切符でなくて、

ICカードをピッとするだけ。

どこどこへ行くから◯◯円だな。

とか考えなくて良い。

車もナビが付いているから、

地図を見ることもない。

脳を使えてないな〜って思います。

便利であるがゆえの弊害とでも言うのでしょうか。

皆さんはどう思われるでしょうか。

私は少し不便でも良いかな〜って思います。

ちなみにナビも炊飯器も使っていません^ ^;

それでは良い週末をお過ごしくださいね。

特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
bottom of page