top of page

運を呼び込む「会話術」










今日はネットに流れてきたおすすめ記事で

素敵だと思ったものを紹介しますね。

銀座一流クラブのママがたどり着いた

運を呼び込む「会話術」という記事

だったのですが、そのママが会話で

意識しているたった一つのことが

とても素敵でした。

ママはずば抜けた「話し上手」では

なかったそうですが、そのたった一つの

ことを常に意識していたそうです。

それは「心の向き」

心の向きとは「誰のことを思って話すか」

ということ。

例えば、心を「自分自身」に向けて話すことは、

「自分」が満足したいがために、「自分」が

言いたいことばかりを「自分」の気分や感情の

ままに話すということ。

確かに自分は気持ちが良いかもしれませんが、

そうした「心が自分向き」の話は相手になかなか

伝わらない・響かないものだそう。

一方、心を「相手」に向けて話すのは、「相手」

とのやりとりを楽しむために、「相手」のことを

知りたくて、場の空気を和ませたくて話すという

ことで、相手やその場のことを慮っての話は、

たとえ拙い表現であっても聞く人の心の奥深く

にまで届くはずです。

会話とは「言葉を介した心のコミュニケーション」。

だからこそ「心の向き」が大事になってくる。

「話術=テクニック」ではなく、何より大切なのは

相手の心中を察する「想像力」であり「思いやり」

とのことでした。

これは子どもたちと会話をするときにも大切だなあ

と思いました。

「心の向き」が自分にならないよう、いつも意識して

接していきたいと思います。

皆さんの「心の向き」はいかがですか?

それでは今日も良い一日となりますように。

特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
bottom of page