top of page

本当に成績をアップさせたいのであれば











今週は中間テストの結果が返ってきております。

成績表をご覧になられた時、どのように

ご対応をされるでしょうか?

特に結果が思わしくなかった時ですね。

「なに!!この点数は」

「勉強しないからこの結果でしょ!?」

「ゲームは当分無しね!!」

「携帯没収!!」

などが多いでしょうか。

しかし、なぜ叱るのでしょうか?

別に悪いことをしている訳ではないですよね。

警察沙汰になるようなことでもないですし、

いじめをしているわけでもない。

親はテストの結果が悪いと叱りますが、

お子さんは親御さんのことを仕事ができないと

おっしゃいますか?叱りますか?

(思春期のお子さんはもしかしたらおっしゃるかも)

成績が悪くても人間的にとてもできたお子さんも

いらっしゃいますよ。

親御さんはお子さんの幸せを願い、未来を心配して

叱っていらっしゃるのは重々承知です。

でも、本当に成績をアップさせたいのであれば、

そこは叱るのではなくて、次にどうすれば

少しでも成績アップができるかを一緒に

考えてあげれば良いのではないでしょうか?

お互いが嫌な思いをして、それで成績アップ

するわけでもないのに時間の無駄だと思います。

「◯◯位以内じゃないとダメ!!」

だなんて訳がわかりません。

もちろんお子さん自身が決めたのなら

全然OK!!目標を持っていて素晴らしいと

思います。

けれどもそれを親御さんが決めてしまっては、

ただただプレッシャーになるだけ。

そして、◯◯位以内じゃなかった時、

「自分は出来の悪い子」

「期待に応えられなかった」

などと思ってしまい、自己肯定感が低くなるだけです。

成績が悪いと叱るのが当たり前のように

なっているご家庭も多いかと思いますが、

今一度お考えいただけると良いかなと思います。

それでは今日もゆっくりおやすみくださいませ。

特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
bottom of page