top of page

授業もクラスもない学校












鳥取県の山あいの町にある

新田(しんでん)サドベリースクール。

授業もテストもクラスもなく、子どもたちの

「やりたい」を最大限に尊重する同校の1年間を

追ったドキュメンタリー映画

「屋根の上に吹く風は」が公開されています。

新田サドベリースクールは、子どもの主体性を

尊重する米国の「サドベリー・バレー・スクール」

をモデルに、子育て中の親御さんたちが中心となって

立ち上げられたとのこと。

ルール作りから運営まで子どもたちが携わり、

生活の中で、自分で考え、判断し、解決する力を

身につけることを目指しているそうです。

その日1日、何をするかは子ども自身が決める。

教科書などを使った勉強をするかどうかも自由。

ゲームをしても、屋根の上に上ってもいい。

サポート役の大人は「先生」ではなく「スタッフ」

と呼ばれ、常勤のスタッフは子どもたちによる

選挙で選ばれる仕組み。

映画では、「黙って見守る」と「サポートする」

の間で葛藤するスタッフの姿も映し出されている

とのことで、私も見てみたいな〜と思っています。

10月下旬から、こちら愛知県でも公開される予定

とのことですので、コロナの状況次第ではありますが、

拝見したいな〜と思っております。

詳細はこちらになります。

それでは今日も良い一日となりますように。

特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
bottom of page