top of page

我が家の宝物の一つ『ぐりとぐらとくるりくら』












今日も朝から家事・家事・家事^ ^;

たくさんお掃除しましたよ。

さて、娘たちと話していて話題に

上がったことをお話しますね^_^

先日あるテレビ番組で、現代アーティストの

清川あさみさんが、お子さんに絵本の

お話の続きを書いてもらったりすると

おっしゃっていました。

もちろんそれだけではなくて、絵を描く時は

絵の具の色も自分で選ばせるなど、子ども

たちの直感に任せる・自分で考えさせる

ともおっしゃっていました。

そんな話から、そう言えば我が家も

ちょっと違うけど、絵本に言葉を足して

いなかった?という話になりました。

という絵本に、私が知らない間に

言葉を足して書いていたんですね。

↑落書きですね^ ^;


でもそれが面白くて、

「絵本に書いちゃダメでしょ!!」

なんて言う気にも全然なれず、

「おもしろ〜い!!すごい!!」

とケタケタと笑っていたように思います。

娘も他の絵本には書いていなかったので、

おそらくその「ぐりとぐらとくるりくら」

の絵本の言い回しが面白かったんでしょうね。

そして何年か経って、次女と三女が絵本を

読むようになりました。

すると「ぐりとぐらとくるりくら」の絵本

には長女の落書きが!!!

「これ、姉ちゃんが書いたんだよ〜。

面白いでしょ〜。」

と私が言っちゃったもんだから、

また次女と三女が上乗せです^ ^

でも、不思議とその絵本だけなんですよね〜。

それで、今日、そんなこともあったねと、

絵本を出してきました。

そこには3人のものであろう字が…。

「これは姉ちゃん、こっちは○○、

それは□□の字だよ〜。」

なんて懐かしそうに見ていましたよ。

ケタケタと笑いながら^_^

もちろん落書きは良くないでしょうけど、

親御さんが許せる範囲であれば、私は

良いかな?とは思います。

一応、本には書くものではないんだよ

ということは伝えましたけどね。

この絵本、我が家の宝物の一つとして、

大事にとっておきます♡

それでは残りあと一日の連休。

良い一日となりますように。

コメント


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
bottom of page