top of page

成長は常に前進ではありません











中学校では期末テスト、そして三者懇談が終わり、

今後の目標等を先生やお子さんと話された方も

多いかと思います。

先生方も「あともう少し注意深ければ」とか、

「スピードが早ければ」「もっと本気で取り組もう」

など、より成績を上げる方向でアドバイスを

してくださる方が多いかと思います。

親御さんはもちろん先生方のおっしゃることですし、

成績も上がればお子さんの選択肢も増えますから

発破をかけますよね。

ただ、お子さんもそれなりに頑張っていて、

成績も維持または少しずつでも上がっているのならば、

まずは良くやっているねと伝えてあげて下さい。

「見守る子育て」でもお伝えしましたが、

お子さんの成長は常に前進ではありません。

そればかりを求められたらキツイですよ^ ^;

大人だって上手くいかないこともありますから。

まずは頑張って取り組んだことを認めてあげて、

「今後どうしたい?」と聞き、それに対して

親御さんが思うことやアドバイスをしてあげれば

良いのではないでしょうか。

例えば「成績をもう少し上げられたらな〜。」

とおっしゃった時は、「どうしたら上げられるかな?」

とお子さんの意見を聞いてあげて下さい。

もちろん親御さんの意見もアドバイスとしてお伝え

していただければ良いと思います。

とにかく親御さんが「こうしなさい」と指示するのではなく、

お子さん自身が「こうした方が良いな〜」と思うことが

大事です。

親御さんはもやもやされるかもしれませんが、

遅かれ早かれ、自分たちで全て決めなくては

ならないのですから、今のうちから慣れておく方が

良いと思います。

それでは今日もゆっくりおやすみくださいませ。

特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
bottom of page