top of page

小学生が習っているところが中間テストに











今日も良いお天気に恵まれました。

洗濯物もよく乾いて気持ちが良いです!

さて先日、中1生の国語の中間テストを

じっくりとみていたのですが、文節と

単語に区切るという問題がありました。

そう!「国語力養成コース」(小学生)で、

最初の方に習う単元が、同じような問題で

出ていたのです。

もちろん、文節や単語は難しいところでは

ないのですが、小学生のうちに中学生レベルの

文法(日本語の規則)を学んでおけば、

中学に入る頃には、いいえ、もっと早いかも

しれませんね。何となく文章を読んで、

問題を解くということはなくなるでしょう。

「国語は日本語だから、あえて勉強しなくても

わかるでしょう。」と思われ、後回しになりがち

ですが、早ければ早いほど国語はもちろん、

他の教科にも効果が出るのではないかな?と

思います。

もしご興味があれば、ぜひ一度体験してみて

くださいね。

それでは今日もゆっくりおやすみくださいませ。

特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
bottom of page