子どもは「自分で考えたい生き物」















今朝早くに(といっても夜中ですが)、

こちらでは地震がありました。

なんとも言えない地響き?が聞こえ、

一瞬にして「これは大きい地震になる!!」

と思い、娘たちに声をかけましたが、

意外と直ぐにおさまってくれて、ホッと

胸をなでおろしました。

本当に良かったです。

が、もういつ大きな地震が起きても

おかしくないですから、防災用品等の

備えだけでなく、心の備えもしておかなくては

と改めて思いました。

そんな今を生きている私たち。

そして子供たち。

「生きる力」が大切だなぁとつくづく

思いました。

何かあった時に自分で考えて動ける力。

問題を解決する力。

違いを認め、協働する力。

等々、知識の詰め込みだけでは得られない力が

どう考えても必要だと思います。

かなりマスコミ等でも言われているので、

「そういう力が必要」ということは周知されて

いると思いますが、でも実際はまだまだ知識の

詰め込みが重要視されています。

「日本の若者たちはマニュアル通りにしか動けない」

「日本の学生は、言われたことをするのはうまい

けれど自分で考えるのは苦手」

などとも言われます。

「頭がいい」=「記憶力がいい」=「パターン化

された思考が出来る」ことだと刷り込まれている

ので、「考える力」は軽視されてきたのでしょうね。

「考える力」をつけないで育つと、どういう大人に

なるのか。。。

筑波大学附属小学校前副校長の田中博史先生は、

「子どもたちは小さくても『自分で考えたい』

生き物である」ことを前提としたうえで、

「自分で考える前に先に決められてしまう生活を

繰り返していると、自分で決めないですぐに

ほかの誰かを頼るようになる」とおっしゃって

います。

考えることができなければ、アイデアも

浮かばないですし、決断も出来ない。

→自分の人生を自分で切り開いていくことが

出来なくなるのではないでしょうか。

(決められた人生なら歩んでいくことが

できるのでしょうが。)

小さいお子さんはもちろん、高学年や

中学生・高校生のお子さんでも構いません。

直ぐにでも訓練(というより親の関わり方を

変えるだけかな?)をしてあげて下さい。

その方法は明日にでもお伝えしますね。

それでは今日も良い一日となりますように。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ