top of page

人に会え、本を読め、旅をしろ











今日は皆既月食がありました。

残念ながら日本はお昼間でしたので

見ることができませんしたが、

次回11月8日の皆既月食は見られる

そうですよ。

さて、昨日の東大五月祭で開催された

教育フォーラムで、登壇された方に、

「新たな学びに向かうための行動とは?」

という質問がされました。

日野田直彦先生は、

旅が重要。今いる環境には同調圧力がある

という学びから始める。

JSBN代表理事の真坂淳氏は、

限られた人生であることを認識し、

どう生きるのかデザインしてほしい。

株式会社Schoo CCOの滝川麻衣子氏は、

「人に会え、本を読め、旅をしろ」

と、昔先輩からアドバイスをもらった。

時代が異なる人と会うには本を読み、

空間が異なる人と会うには旅がある。

色々な人と出会うこと。

東京大学 鈴木寛教授は、

空間的な多様性も欠けている。

アウェイ体験をするという話があったが、

例えば日本に来ている留学生と会うこと

によって同世代の自分と異なる感覚に

触れることができる。

と、話されていました。

アウェイ体験というと、知らない土地、

海外と思いがちだけれども、例えば、

東大内の留学生がよく使うカフェテリアに

行けば、いくらでも留学生とコミュニケーション

がとれる。

山手線、全部の駅に降り立ったことの

ある人がいますか?と質問されていて、

確かにアウェイ体験はいつでもどこでも

直ぐに出来るなあと思いました。

ついついいつもと同じ安定を求めがちですが、

これらを頭の片隅に置いて、日々過ごして

いけたらと思っております。

それでは今日もゆっくりおやすみくださいませ。

Comments


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
bottom of page