top of page

『見守る子育て』はいたってシンプル










今日は気持ちの良いお天気でしたね。

もしかしたらちょっと日差しが

キツかったかもしれませんね。

体育祭の中学生は大丈夫だったかな?

日焼けしちゃったかしら?

日にも当たって体力を消耗したと思うので、

今日はゆっくりやすんでくださいね。

さて、先日も少しお話した『見守る子育て』。

実はこれを実践すると、親御さんの方も

楽になれるんですよ。


親御さんは皆、お子さんの幸せを願っています。

とにかく健康で、お友達にも恵まれ、

自分の持っている力を活かして活躍し、

幸せに暮らしてほしい。

ず〜っと笑顔でいられたら良いな〜と。

それを願うばかりに、将来の生活の安定に

つながりそうなものを詰め込んだり、

与えすぎてしまう親御さんが結構いらっしゃいます。

お子さんが興味のあるものなら良いですが、

そうでないものを時間を削ってやらされていては

ストレスも溜まってきてしまいますよね。

私たち大人でも嫌なものに取り組むのって

ストレスかかりますから。

今は色々な情報がたくさんあって、

親御さんも「あれをさせた方が良い」

「これを与えた方が良い」と考えたり、

他のお子さんの状況と比べてストレスを

感じてしまったりするのではないでしょうか。

でも、『見守る子育て』はいたってシンプルです。

ありのままのお子さんを

「認めて」「見守って」「待つ」

だけです。

お子さんが何に興味を持っているか?

どんな力を持っているだろうか?

お子さんが「好き!!」と思っていることを

認めてあげる。

他のお子さんと比べることも

将来につながるかどうかも

考えなくて良いのですよ^_^

ちょっと肩の荷がおりませんか?

だって、どれだけ将来に良かれと思って

与えたって詰め込んだって、実際本当に

幸せになれるかなんてこのご時世

わかりませんからね。

お子さんも親御さんも今を幸せに

生きるのが一番だと思います。

少し長くなってしまいましたが、

ちょっと分かる気がする〜と思われる方が

いらっしゃいましたら、ぜひゆったりと

お子さんを見守ってみてくださいね。

それでは今日もゆっくりおやすみくださいませ。

ความคิดเห็น


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
bottom of page