top of page

『子どもが主体的に動くようになる3つの言葉』工藤先生















今日は素敵な記事を見つけましたので、

ご紹介します。

ご存知の方も多いかと思いますが、

前・麹町中学校校長の工藤勇一先生

(現在は横浜創英中学・高等学校の校長を

務めていらっしゃいます)のインタビュー

記事で、

『子どもが主体的に動くようになる3つの言葉』

を伝えて下さっています。

1つ目は、「どうした?」

ぼーっとしていたり、スマホをじっと見ていたり、

イライラしていたりする時に、まずは「どうした?」

とシンプルに現状を聞いてあげることだそうです。

実際、私も娘たちによく言っている気がします。

まあ、気になるから聞くだけなんですけどね^ ^;

2つ目は、「このあとはどうしたい?」

「どうした?」の後に続く言葉は、「このあと

どうしたい?」という子供の意思確認とのこと。

なぜラボでは、「◯◯ちゃん(くん)は、

どうしたい?」と聞くことが結構あるのですが、

工藤先生によると、「何したい?」なんて聞かれる

ことって、学校でも家庭でも少ないのだそうです。

だから、いきなり聞かれても言葉が出てこない

とのこと。

3つ目は、「僕は(私は)何をしたらいい?」

素敵な言葉ですね。

これは、「決して君のことは見放してはいない」

「君のことを思っている」というメッセージ。

「して欲しいことがあればするから」だなんて、

子供としては嬉しいですよね♡

工藤先生は、親は子どもに良かれと思って塾に行かせたり、

習い事をあれこれさせたり、少しでも良い教育を与えて

やりたいと思う。

学校も同じで、少しでも子どもの学力をアップさせようと、

多くの課題を与える。

けれども、大人が与えれば与えるほど、子どもたちは

どんどん主体性を奪われていき、最悪、与えられることに

慣れきってしまった子供たちは不満や批判ばかり口にする

ようになるとのこと。

子どもは、自分が安心できる場所、失敗してもいいと思える

場所で、見守られていると感じると、主体性を発揮し、

自律できるようになると脳科学でも立証されているそうです。

ご家庭でもこの3つの言葉で、子供たちに自分は見守られている

と感じてもらえると良いのではないでしょうか。

この工藤先生の記事はこちらに書かれています。

もっと細かくご覧になりたい方はぜひ^_^

(前編でしたので、後編もアップされるかと思います。)

それでは今日も素敵な一日となりますように♡

特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
bottom of page