top of page

「読む」力を伸ばすには











今日は気温が低かったからか、さすがに

半袖では無理でしたね^ ^;

寒暖差が激しいので、本当に皆さん

お気をつけ下さいね。

さて今日は昨日に続き

国語力の「読む」力についてお話いたします。

・「読む」力を伸ばすには

『子どもが真剣に文を読む機会を増やす』

ことです。

「やっぱり読書か〜。」「本を読みなさいって

言っているけど…。」という声が聞こえて

きそうですが、いかに真剣に興味を持って読めるかです。

もちろん言われたから読むでは興味を持って

読むことなんて出来ないでしょうから、

「こういう本を読みなさい」とか

「その本はあんまりじゃない?」

とかはもってのほかで、長い文の本で

なくても良いですし、難しくなくても良いわけです。

子どもが興味のあるゲームの攻略本や習っている

スポーツの戦術本でも良いですよね。

長い文章の本じゃなくても「子ども新聞」の

興味のある記事でも良いかなと思います。

とにかく自分が興味を持って選んだ本や記事を読んで

もらえると良いですね。

ただ、本を手にとらない・欲しいとも言わない

お子さんもいらっしゃいます。

そういう場合はどうすれば良いかをまた明日にでも

お話できればと思います。

それでは皆さん、良い週末をお過ごし下さいませ。

特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
bottom of page